レディ

小陰唇が肥大すると少しの摩擦で痛みが出るようになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

黒ずみを改善する

レディ

年齢を重ねることや出産によって小陰唇が肥大することがあります。これは珍しいことではなく、誰にでも起こりうることですが、肥大した小陰唇をコンプレックスに思う人も少くありません。年齢を重ねると小陰唇が肥大するだけではなく黒ずみが見られることもあります。黒ずみは加齢によるものだろうと考える人も多いですが、肥大した小陰唇が擦れることによって色素が沈着することが原因に考えられます。小陰唇は肥大した場合だけではなく、黒ずみを改善するために施術を受けることが可能です。沈着した色素を取り除くための方法として脱色剤を使用することもありますが、肥大して摩擦が大きくなることで黒ずみが生じた場合は一度色を取り除いてもすぐに元に戻ってしまうかもしれません。小陰唇の黒ずみを根本から解決するために、皮膚を切除して黒ずみを取り除く施術を受けましょう。この施術では黒くなった部分の皮膚を取り除くと同時に小陰唇の肥大も改善することができるので、黒ずみが再発しにくくなります。切除を行なうときには黒い部分のみを切除しますが、形を滑らかにしないと仕上がりが不格好になります。切除の仕方や縫合の仕方によって仕上がりは大きく変わるので、医師を選ぶ時には口コミサイトやランキングサイトで評判の良い医師を選ぶことが大切です。小陰唇縮小の手術をしたことがあるのか実績を確認して、施術を受けたときの対応はどうだったのか事前に見ておきましょう。口コミサイトを見る時には、カウンセリングから手術を行なうまで同じ医師が行なっていたかどうかを見ることも大切です。一貫して同じ医師が行なうところでは状態を正確に把握してもらえるので安心できます。