婦人

小陰唇が肥大すると少しの摩擦で痛みが出るようになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

黒ずみを改善する

レディ

小陰唇が肥大することが原因で黒ずみが発生することもあります。その場合色だけを取り除く治療方法ではすぐに黒ずみが再発してしまうので、黒ずんだ皮膚を切除して縮小も同時に行なうようにしましょう。

もっと読む

サイズや形を選ぶ

座る女性

小陰唇が肥大することで悩む女性は多くいます。小陰唇が肥大すると、見た目にコンプレックスを抱えるということの他にも、歩いたときに擦れて痛みが出るため日常生活に支障が出ます。歩行時以外にも、座るときには肥大した小陰唇を潰してしまうことになるので痛みを伴うことがあります。特に自転車に乗る場合は痛みが激しくなることが多く、移動手段も限られてしまいます。このように小陰唇の肥大で悩んでいる人は病院で小陰唇を縮小する手術を受けましょう。あまり他の人と小陰唇の大きさを比べる機会はないので自分が肥大しているのか判断できないということもありますが、痛みや悩みを抱えている場合には遠慮せずに相談することが大切です。肥大していることの他にも、左右両方の大きさが異なるという場合も手術によって改善することができます。
小陰唇を縮小させるためにはメスによって皮膚を切除して縫合するという方法を行ないますが、どういったサイズにしたいのか、形や厚みはどうしたいのかを事前に医師と相談することができます。細かく調整をしていく必要があるので、施術を依頼する医師選びは慎重に行なう必要があります。小陰唇は傷跡が残りにくい部分ではありますが、デリケートな部分なので仕上がりのきれいさは大切です。評判の良い医師に依頼しましょう。施術にかかる時間は片方のみの場合は30分前後、両方の場合は50分前後かかります。術後はすぐにシャワーを使うことが可能ですが、完全に傷口が塞がるにはしばらくかかるので、細菌が侵入しないように1週間ほどは入浴を控える必要があります。

人目を気にしない配慮

水着の婦人

女性専用のクリニックでは、小陰唇が肥大することで悩む女性でも人目が気にならずストレスが少なく通院することが可能です。医師の腕の良さや、プライバシーへの配慮について事前に調べましょう。

もっと読む

部分的に膨らむ

ウーマン

小陰唇が部分的に膨らんでいる場合にはしこりやできものだと思う人もいますが、部分的に肥大している可能性もあります。その他感染症などにかかっている危険性もあるので、異常を感じたときには早めに医師に相談しましょう。

もっと読む